© NINJA TRAIL RUN.

NEWS & INFORMATION

NEWS&INFORMATION

トレイルランニングレースに出場する際に考えていただきたいこと

最近、「トレラン経験はないけど100kmのウルトラマラソンに完走しているのでロングに出てもいいですか?」というお問い合わせを本当に良くいただきます。
私たちがレースに出場頂くために一番重要と考えていることは今まで出場し完走したレースの距離ではありません。レースにおける山岳での対応力です。ロングコースのレギュレーションにはそれを図る最低限の目安として30キロ以上のトレイルランニングレースに出場され完走していることと書かせていただいております。
山で何かトラブルあったときにロードの大会とは異なり救助を受けるにもにも時間がかかります。携帯電話すら通じない場所もあります。また、コースロストされた時には時に地図の読図も必要になります。 レースですのでコース誘導やマーシャルを入れてコース上は最大限の安全管理をしていますが、山岳という状況下ではロードレースのようにはいかないものです。自らの力で下山することが必要となります。
大会運営側としましては、万一、遭難者が出たときに残念ではありますが今後の開催について断念せざるを得ないことになる場合もあります。

エントリーの際には特に完走記録の提示を求めておりません。 何故なら山で遊ぶということは最終的には誰も守ってもらえない自己完結の遊びとして自己判断いただきたいからです。
必携装備についてもレギュレーションに書かせていただいておりますが、人により必要とするものも異なるので実際に自分にあった装備を日々の練習の中でしっかり試され本番でご使用ください。
以上ことをご理解のうえレースに臨んでいただきますよう宜しくお願い致します。
このスポーツが益々の発展を遂げ成熟したものになりますよう切に願っています。みなさまのご協力何卒よろしくお願いします。

大会実行委員長 恵川

ページトップ